ドル円1000通貨・1万通貨の1pips損益計算表を作成

ほのぼのドル円日記

1000通貨・1万通貨の1pips損益はいったい幾らくらいなのでしょうか?何度も調べる必要が無いように表を作成しておきます。

◆ドル円1000通貨・1万通貨の1pips損益計算表を作成

FXを始めると必ず最初に気になる言葉のひとつにpipsという言葉があります。

私もFXを始めた当初は『4pips取れたー!』と喜びながらも、『で幾ら儲かったんだろうか?』と毎回約定履歴で損益を確認しておりました。

まぁ、FXされてる方であれば、ほとんどの方は当たり前に理解されている事かとは思います。

しかし、これからFXを始めてみようと検討されている方もいるかと思いますので、『パッと見て何通貨かけたら幾ら儲かるの?』という損益表があれば便利かと思いますので1pipsごとの損益計算表を作成しておこうと思います。

尚、通貨は1000通貨、1万通貨、10万通貨、そして大きな夢を見る為に100万通貨まで記載しました。(笑)

pipsに関しては50pips取れたー!みたいな日がいつか来ることを期待して1pips単位で1~50pipsまで表を作成しておきます。

※10pips単位で100pipsまでの計算表を追加しました

目次

◆1000通貨~100万通貨の損益計算表(1pis~100pips)

通貨単位ごとに1pips勝ったら幾ら儲けが出るのかを把握するには以下のポイントを学習しておけばOKです。

【ドル円・クロス円通貨の1pipsの儲けと損失額】
1000通貨⇒1pips=10円
1万通貨⇒1pips=100円
10万通貨⇒1pips=1,000円
100万通貨⇒1pips=10,000円

例えば1万通貨でFX取引を行い20pips取れちゃった場合の損益はプラス2000円になります。(下記表黄色表示)

同じく例えば100万通貨で10pips取れちゃった場合は表を見てプラス10万円という事になりますね。^^(下記表黄色表示)

【獲得pipsごとの損益計算表】
Pips/通貨単位1000通貨1万通貨10万通貨100万通貨
1pips10円100円1,000円10,000円
2pips20円200円2,000円20,000円
3pips30円300円3,000円30,000円
4pips40円400円4,000円40,000円
5pips50円500円5,000円50,000円
6pips60円600円6,000円60,000円
7pips70円700円7,000円70,000円
8pips80円800円8,000円80,000円
9pips90円900円9,000円90,000円
10pips100円1,000円10,000円100,000円
11pips110円1,100円11,000円110,000円
12pips120円1,200円12,000円120,000円
13pips130円1,300円13,000円130,000円
14pips140円1,400円14,000円140,000円
15pips150円1,500円15,000円150,000円
16pips160円1,600円16,000円160,000円
17pips170円1,700円17,000円170,000円
18pips180円1,800円18,000円180,000円
19pips190円1,900円19,000円190,000円
20pips200円2,000円20,000円200,000円
21pips210円2,100円21,000円210,000円
22pips220円2,200円22,000円220,000円
23pips230円2,300円23,000円230,000円
24pips240円2,400円24,000円240,000円
25pips250円2,500円25,000円250,000円
26pips260円2,600円26,000円260,000円
27pips270円2,700円27,000円270,000円
28pips280円2,800円28,000円280,000円
29pips290円2,900円29,000円290,000円
30pips300円3,000円30,000円300,000円
31pips310円3,100円31,000円310,000円
32pips320円3,200円32,000円320,000円
33pips330円3,300円33,000円330,000円
34pips340円3,400円34,000円340,000円
35pips350円3,500円35,000円350,000円
36pips360円3,600円36,000円360,000円
37pips370円3,700円37,000円370,000円
38pips380円3,800円38,000円380,000円
39pips390円3,900円39,000円390,000円
40pips400円4,000円30,000円400,000円
41pips410円4,100円41,000円410,000円
42pips420円4,200円42,000円420,000円
43pips430円4,300円43,000円430,000円
44pips440円4,400円44,000円440,000円
45pips450円4,500円45,000円450,000円
46pips460円4,600円46,000円460,000円
47pips470円4,700円47,000円470,000円
48pips480円4,800円48,000円480,000円
49pips490円4,900円49,000円490,000円
50pips500円5,000円50,000円500,000円
60pips600円6,000円60,000円600,000円
70pips700円7,000円70,000円700,000円
80pips800円8,000円80,000円800,000円
90pips900円9,000円90,000円900,000円
100pips1,000円10,000円100,000円1,000,000円

この損益表はそのまま損切金額の設定や目安としても利用できます。

例えば1000通貨で取引を始めてみようと考えているとします。

損切ポイントは10pipsと決めた場合は1回の取引で損切した場合の金額は100円のマイナスとなることが解ります。(上記表ピンク表示)

また1回の取引損失の許容範囲を先に決めて損切ポイントを設定する事も可能です。

例えば同じく1000通貨の取引で1回の取引損失の許容範囲が500円までOKであればマイナス50pipsを損切ポイントに設定しておけばOKです。(上記表ピンク表示)

◆初心者は1万通貨からスタートがお勧め

これからFXを始めてみようと思われている方は1万通貨からトレードを開始する事をお勧めします。

私はFXの事を全く知らなかった頃にとある投資塾に入り2ヶ月ほどで60万円ほど負けた苦い経験があります。

その時の取引通貨単位は10万通貨で複数のポジションを持っていました。

尚、現在の私は記録をつけ始めた2018年8月から1万通貨でスタートし、トレード回数が500回を超えてから4万通貨に上げ、負けすぎたので1万通貨へ戻し、その後は2万通貨⇒4万通貨⇒8万通貨⇒10万通貨でトレードをしております。

勝ちトレード回数が1000回超え、勝率が上がってきたら20万通貨にする計画です。(あまりにも成績が悪ければ変更するかもしれません)

FXトレードの世界は半年以内に7割の人が退場を経験するそうです。

統計的にも数年はプラスマイナスゼロで十分、勝つ事はほぼ無いとイメージしていても良いかもしれません。

私は4年は勝てないと本気で覚悟しております。

今までの人生を振り返ると周りの誰よりも成長が遅い事を自覚しているからです。

◆損失額が受け入れられる金額から逆算してロッドを設定

トレードを積み重ねていくと1日でマイナス20pips以上を叩き出す日が月に何度か出てきてしまいます。

これは1万通貨であればマイナス2000円。2000円あればFXの書籍が買えてしまう金額です。

現在は10万通貨ですから20pips負けたらマイナス20000円、これが100万通貨となると20万円のマイナスですから吐き気がしそうな金額です。

人によっては小さな金額かもしれませんが『痛みを伴う金額』として現在の私にはちょうど良い金額設定だと思っております。

痛みは強ければ強いほど成長を加速させる力があると思います。痛みがあるからこそ真剣になる為です。

ですから自分が強く痛みを感じる投資金額を設定することが重要であると個人的には思います。

これからFXを始める方はいきなり10万通貨以上の取引などに手を出さず少しずつ自分の耐性を高めていける投資金額に設定していくことをお勧めします。

記事・コラム一覧  |  次の記事⇒